Loading...
You are here:  Home  >  Lighting  >  Current Article

Fotodiox LEDライト

By   /  2014/08/15  /  No Comments

    Print       Email

アメリカのFotodiox社がLEDライトDYシリーズにソフトボックスなどをバンドルしたものを特別価格で提供しています。

fotodioxLED200Fotodioxサイトでチェックする。

このLEDライトは形状が写真用のモノブロックタイプのフラッシュと同じなので、さまざまなBowensマウントの周辺機器が装着可能です

Bowensの機材をeBayでチェックする。

いわゆるカメラ用の大型フラッシュや映画用のライトと比べると、LEDライトの光量は足りないと言われますが、100WのLEDはタングステンライトの600W相当とも言われており、200Wで1000W相当の明るさになるようです。(LEDの100Wはタングステンの1000W相当と謳っている商品もありますが、実際は不明)

以下はFotodioxによるテストの結果。

LED Light Model
CCT
CRI
LUX
Ap
Fotodiox Pro LED100WA-56デイライト
5428
87
521
456
Fotodiox Pro LED200WA-56デイライト
5407
89
921
454
Fotodiox Pro LED100WA-32タングステン
3136
83
485
603
Fotodiox Pro LED200WA-32タングステン
3114
83
893
602

また100Wのモデルを実際に写真撮影に使ったケースがアメリカの写真雑誌Shutterbugのオンライン版に掲載されていますが、それによると最大光量で、ISO 100で約3メートルの距離の実測値が 1/15の f/2.8とのこと。

以下のサンプルはソフトボックスなどを装着した実践的なセットアップのサンプル画像で1/60秒の f/5.6でISO 800とのこと。ISO 800をどう判断するかですが、昨今のデジタルカメラの高感度耐性だと全く問題ないようにも思えます。

 

dy100-sample

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You might also like...

唯一無二のマクロが更に進化。Laowa 24mm PeriProbe

Read More →