Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

桁違いの超高感度キヤノン ME20F-SHのサンプル動画

By   /  2015/09/14  /  No Comments

    Print       Email

キヤノンが7月に発表していた超高感度カメラME20F-SHはISOが400万以上というこれまでの常識では考えられなかったものです。ソニーのA7sが月明かりでも撮れるカメラとすれば、キヤノンME20F-SHは月明かりがなくても星空などの僅かな光でも撮れるカメラです。

18MPのEOS 1Dxと比較して7.5倍以上の画素の大きさ(19μm)を持つセンサーにより、超高感度と低ノイズを実現しているようです。大きな排気口をボディー側面に有した業務用の四角い筐体で、EOSシリーズと異なる展開になりそうですが、EFマウントを有し、多くのEFレンズが使えることが期待できます。

比較的低い”102000″ISOで撮影したもの(夜7:30。サファリパーク園内の照明は点灯)
iso120K

高感度域最大のISO 4560000での撮影(夜9:00 照明の落ちたサファリパーク)
iso4mb

最大の高感度ではさすがにノイズも盛大に出ていますが、赤外線なしでも暗闇の撮影ができるようになりそうです。

12月に発売予定で価格は300万円とのこと。

Share
    Print       Email
  • Published: 5年 ago on 2015/09/14
  • By:
  • Last Modified: 9月 15, 2015 @ 4:15 am
  • Filed Under: News
  • Tagged With:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

Godox AD300 Pro、AD1200 Proが発売開始

Read More →