Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

現代に蘇った1840年代のビンテージレンズが発売開始

By   /  2014/08/26  /  No Comments

    Print       Email

プラスチック製の中判カメラなどアナログ写真の良さを再認識させるきっかけにもなっているLomographyが、1840年代にオーストリアで作られたポートレイト用のレンズを再現したNew Petzvalレンズの販売を開始しました。

このレンズは85mm/f/2.2で、絞りはカード型のものを交換するようになっています。このレンズはボケた部分が回転したように描写されるところが大きな特徴です。また絞りがカードになっているため、どの絞りを選択しても真円のボケが期待できます。
マウントはキヤノン、ニコンの2種類。クラシックレンズを基に作られているため電子接点などはありません。

現代のシャープさを追求したレンズとは一線を画すビンテージならではの雰囲気のある描写となっており、決して使い勝手のよいレンズではないと思いますが、こういう描写が現代のデジタルカメラで再現できるのは貴重な存在ではないでしょうか。

日本では9月4日に発売記念パーティーも予定されています。

Share
    Print       Email
  • Published: 5年 ago on 2014/08/26
  • By:
  • Last Modified: 8月 27, 2014 @ 4:50 am
  • Filed Under: News
  • Tagged With:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

折りたたみ式の小型ケーブルカムWiral Lite

Read More →