Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

36のカラーチャンネルを持つセンサーが開発中

By   /  2014/10/08  /  No Comments

    Print       Email

スペインのグラナダ大学とイタリアのミラノ工科大学が36のカラーチャンネルを持つセンサーを研究開発中とのことです。従来のいわゆるベイヤー式のセンサーはRGBの3つのチャンネルから構成されている訳ですが、36チャンネルでは人間の目の色彩センサーの12倍の情報を読み取るそうです。

36color

この2つの大学の開発グループはトランスバース・フィールド・ディテクター(TFD)と呼ばれる技術を使っており、原理としてはSigmaに使われているFoveonセンサーと同種のもので、フィルターなどは使わずに36チャンネルの読み出しが可能で、また光量の減退もなく、1つのピクセルでフルカラーの情報が読み取れるとのこと。

現時点ではこの研究はいわゆる写真の領域ではなくは、医療や軍事、自動車の自動運転などのシステムなどに向けた開発をしているとのことで、カメラにすぐに搭載されるというものではなさそうですが、どんな画像を写せるのか興味深いです。ただ36チャンネルを処理するセンサーのカメラでは連射など期待できないような気もしますね。

より詳しい情報(英語)はここからご覧いただけます。

Share
    Print       Email
  • Published: 8年 ago on 2014/10/08
  • By:
  • Last Modified: 10月 8, 2014 @ 4:34 am
  • Filed Under: News
  • Tagged With:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You might also like...

唯一無二のマクロが更に進化。Laowa 24mm PeriProbe

Read More →