Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

スマフォで眼球検査を可能にするPeek Retina

By   /  2014/12/02  /  No Comments

    Print       Email

スマートフォンで簡単に目の検査ができるシステムPeek Ratinaが開発されました。

Retinaときくとアップルのディスプレイの名称のことをイメージする人も多いと思いますが、元々は「網膜」の意味で、Peek RatinaのPeekはPortable Eye Examination Kitの頭文字からとったもので、ポータブル眼球検査キットの意味となります。

このPeek Ratinaはスマートフォンのカメラ機能を利用した眼球検査キットです。医療設備があまり整っていない国々などでは糖尿病などからくる全盲などの視覚障害者の80%は未然に防ぐことができるとされており、高度な検査機器ではなく簡単に使えるポータブルなシステムの必要性から開発されたものです。

Peek Ratinaは眼球検査の常識を覆すポテンシャルを秘めていると言われており、簡単な操作で眼球が撮影できることから、専門知識を持たない人でも撮影は可能になり、撮影データはスマートフォンから眼科医のところへデータが送られるので、医療設備の少ない地域でも効率的な検査が可能になりそうです。

現時点ではまだ商品として完成はされておらず、商品化に向けてクラウドファンディングサイトIndie GoGoで資金を募集しています。

なおこのIndie GoGoのキャンペーンは商品を入手するためというよりは、どちらかというとプロジェクトへの資金提供の色合いが強いようですが、英300ポンド(約5万6000円)以上の寄付でシステムを1台入手することも可能です。資金調達に成功した場合はの商品化の時期は2015年10月となっています。
なお米国向け商品の送付は現時点ではFDAの認可待ちとのことで、同様のケースは日本でも起きる可能性があるかもしれません。

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

米歌姫マディソン・ビアーの3Dバーチャルコンサート @ CES2021

Read More →