Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

スライダーメーカーが教えるDIYスライダーの作り方

By   /  2014/12/27  /  No Comments

    Print       Email

部品の調達から始めて3時間でスライダーを作ってしまおうという動画です。

この動画はタイムラプスなどのロボット雲台で知られるeMotiomo社にスライダーを供給しているRhino Camera Gearのオーナー自らが、DIY版のスライダーを75ドルの予算で3時間で、作ってしまおうというチャレンジです。

結論からいうと、なかなか使えそうなスライダーを作っています。
基本的な材料はホームセンターで、ローラー部分はスケートボード店で調達しているようです。スケートボードのローラーが固定用のL型プレートと干渉してしまったため、ワッシャーを買い直したりしているので、3時間以上かかっているような気もしますが、仕上げの塗装の時間を無視すれば、作業時間自体は3時間もあれば十分作れるようにも見えます。
ただ雲台を装着する台座部分は「コの字」形のものを曲げ広げて作っていますが、雲台とカメラの重量によっては補強の必要があるかもしれません。

こちらのページからEメールの登録をすると、パーツのリストと作り方の手順が書かれた53ページに渡るPDFを入手することが可能です。

Share
    Print       Email
  • Published: 4年 ago on 2014/12/27
  • By:
  • Last Modified: 12月 27, 2014 @ 1:37 pm
  • Filed Under: News
  • Tagged With: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

折りたたみ式の小型ケーブルカムWiral Lite

Read More →