Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

砂漠に太陽系のスケールモデル

By   /  2015/09/18  /  No Comments

    Print       Email

ネバダ州の砂漠で太陽系のスケールモデルをタイムラプスなどで撮影した動画をご紹介。

学校の授業などで太陽系の星の大きさを比較したスケールモデルは見ることがありますが、実際に距離の比率も正確に表現するとどうなるか。地球の大きさをビー玉ぐらいの大きさにすると太陽は1.5mメートルとなり、太陽系全体を網羅するには7マイル(約11.2km)必要になるようです。このスケールモデルの作成に挑戦したのが、フィルムメーカーのAlex GoroshWylie Overstreetを中心にしたグループ。

to-scale-1

太陽を中心点に距離を測るだけで36時間を要したそうすが、ガラス玉にLED光源をセットして見立てた太陽系のスケールモデルの映像はそのわかりやすさからか、アクセスを集めているようです。

なお上記の動画リンクはyoutubeのものですが、以下は同じ内容でより高画質かつダウンロードも可能なVimeoのものです。

撮影はアメリカ・ネバダ州のブラックロック砂漠(Black Rock Desert)でロケットの実験や地上での速度記録の測定やBurning Manを行っていることでよく知られた砂漠でもあります。

メイキングの映像はこちら。

Share
    Print       Email
  • Published: 5年 ago on 2015/09/18
  • By:
  • Last Modified: 9月 18, 2015 @ 9:42 am
  • Filed Under: News
  • Tagged With:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

Godox AD300 Pro、AD1200 Proが発売開始

Read More →