Loading...
You are here:  Home  >  Movie  >  Current Article

VRで観るライブ。LAのラジオ局が配信開始

By   /  2016/01/23  /  No Comments

    Print       Email

ロサンゼルスのラジオ局KCRWがGoproを使った360度のVRライブのプロジェクトを開始しました。第1弾のライブは叙情的な旋律で人気のバンドDeath Cab for Cutie。

KCRWはアメリカの非営利・公共のラジオネットワークNPRに参加するラジオ局で、コマーシャルを廃し、商業主義に左右されないステーションとして知られています。様々なアーティストのスタジオライブなども配信しています。

撮影はGoproを8台使ったもので、このVRプロジェクトのケーススタディー動画によると、特製リグとレンズ部を改造したものを使っているようです。

曲はDeath Cab for Cutieの昨年(2015年)出たアルバム「kintsugi(金継ぎ)」から「The Ghosts of Beverly Drive」。
このライブ自体は昨年3月に行われたもので、通常の編集版の動画として見ることができます。特製リグに装着されたGoProが確認できますね。

当初、この動画はコンピュータから通常のブラウザーから観ていたので、VRのものは面白いと感じる一方で、撮影者や編集者の意図が基本的に入り込まないので、ライブ映像の動画がどこまで視聴者の支持が広がるかが疑問に感じていたのですが、専用のアプリ(KCRWのサイトにiOSもしくはアンドロイド用のダウンロードリンク有り)を使ってスマートフォンやタブレットを使うと加速度センサーと連動して観ることができ、またメガネ型ビューワー、Google Cardboardなどを使うと、3D VRで楽しむことが可能になりました。

またコンピュータのブラウザーでは、4kで再生しても実際に見える範囲はHD画質とくらべても粗さを感じたのですが、スマートフォンでは画質も特に気にならずに非常に臨場感のある動画を楽しむことができました(寝転んで見ると天井しか見えませんが・・)。専用のアプリで観る場合は現状ではデータをダンロードして観ることになりますが、将来的にストリーミングで観ることができるようになれば、ヘッドマウント・ディスプレイとの連動でまさにVRライブが楽しめるようになりそうですね。

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

SonyがA9を発表

Read More →