Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

FinalCutで音の問題を可視化するSpectrograph

By   /  2014/10/23  /  No Comments

    Print       Email

FinalCut上でオーディオを可視化して編集を簡単にするプラグインSpectrographが発売されました。
これはFinalcut Pro用のプラグインなどを開発するCrumplepopとオーディオ専門のソフトハウスAudioFileが共同開発したものです。

このSpectrographはシドニーのオペラハウスなどでも採用されているAudiofile社のリアルタイム・オーディオ・アナライザーSpectreをベースに、Finalcut用に機能を絞って提供されているもので、オーディオには不慣れな映像編集者にも使えるようになっています。

通常価格は79ドルですが、来週まで(10月中と思われます)は新発売を記念した特価39ドルとなっています。特別価格は購入時にクーポンコード「SPCT-0040-SCGR-1021」を入力すると適用されます。購入はコチラから。

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

折りたたみ式の小型ケーブルカムWiral Lite

Read More →