Loading...
You are here:  Home  >  Movie  >  Current Article

BMP Effectプラグインで音楽とエフェクトの同期

By   /  2013/05/24  /  No Comments

ミュージックビデオの製作などでBMP(Beats per Minute)を利用して使えるFinal Cut Pro X用のプラグインを探してみました。

    Print       Email

BPMとFinal Cut Proをキーワードに探してみると、上の2つに辿り着きました。 どちらもFinal Cut専用のプラグインとして開発されているようです。

上段の動画はPixel Film StudioPRODUBで、このスタジオからは毎月、何本ものプラグインを怒濤のごとくリリースしている非常に精力的な会社という印象があります。このPRODUBですが、非常に効果的なプリセットがいくつも用意されていますが、BPMのパラメーター自体は最大で100までしか設定する数字がなく、相対的なセットをする必要があります。問い合わせてみたところ、動画は24pや30p、60pなど様々なソースがあり、これらを組み合わせた上で厳密なBPMは設定できないので、実際のビートと画像のシンクロは動画を見て決めて欲しいとのことでした。これではBPMを謳ったプラグインとは名ばかりな気もします。ただしなかなか使い出のあるプリセットも多数ありますので、損はしないと思います。価格は49.95ドル29.99ドルとなっています(定価は知っている限り、常に打ち消し線で消されています)。また5つ以上のプラグインの購入でさらに割安になるバンドル価格が設定されています。

一方、下段の動画はFCP Effects社のその名もBPMで、こちらはちゃんとBPMの数値を入力できるようになっています。そのためか出来る事は限られていて5種類のみです。このデモ動画はいまひとつパッとしない仕上がりな印象ですが、シンプルな機能の分、工夫次第で非常に有用な効果が得られると思います。サイトでのユーザーのコメントなども好意的なものが多いようですし。こちらの価格は定価が35ドルですが、こちらもずっとやっているように思われる「今週の」スペシャル価格で45%〜で購入可能です。

またアメリカ時間の5/28/2013までは更にセールを行っていて、ソフト単体では60%引き、バンドル価格は最大で75%引きとなっています。 会計時に以下のプロモーションコードを入力すると割引されます。

49ドルに満たない場合60%オフ
49ドル以上の場合65%オフ
149ドル以上の場合70%オフ
449ドル以上の場合75%オフ
コード: MEM60
コード: MEM65
コード: MEM70
コード: MEM75

なお使用する音楽のBPMが分からないときは、コチラのサイトなどで調べることができます。
といっても波形から解析するなどではなく、使う音楽を再生させながら、そのリズムに合わせて任意のキーボードを打ってBPMの近似値を出すというものですので、リズム感のない人には難しいかもしれません。

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

折りたたみ式の小型ケーブルカムWiral Lite

Read More →