Loading...
You are here:  Home  >  Movie  >  Current Article

モノポッドとしても使えるStediecam SoloとGoPro用Steadicam Curve

By   /  2013/05/17  /  No Comments

ステディーカムにモノポッドの機能を追加したStediecam Solo。ステディーカムの開発者であるギャレット・ブラウン氏による紹介です。後半はGoPro専用のStediecam Curveが見れます。

    Print       Email

Solo_SS一人で色々な撮影をこなす必要のあるインディー系のシネマトグラファーには待望の商品、Stediecam Soloが登場です。 最大で約4.5Kg(10パウンド)までの積載量とのことなので、DSLR系での撮影用途に最適だと思われます。 ポスト部分は4セクションで、収縮時には約61cm(横幅は約9cm)、重りを付ける部分は折り畳めるようになっています。販売時期や価格は未定とのことですが、価格は799ドルほどを目指しているとのこと。

stediecamcurveまた同時にGoPro専用のStediecam Curveも登場しています。こちらもオリジナルのStediecamと同様の機能を有しながら、GoProに特化し非常に小型軽量にできています。GoPro Hero、Hero 2、Hero 3の各機種に対応しているようです(hero 3はLCD BacPakが必須とのこと)。こちらも価格、発売時期ともに未定とのことです。

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

折りたたみ式の小型ケーブルカムWiral Lite

Read More →