Loading...
You are here:  Home  >  Lighting  >  Current Article

Godox AD300 プロトタイプ

By   /  2020/02/27  /  No Comments

    Print       Email

Godox AD300 Proのプロトタイプの紹介動画です。

ラスベガスで開催されるWPPI(Wedding & Portrait Photography International)でGodoxから間も無く発売される予定のAD300 Proのプロトタイプが紹介されていました。

アメリカでは本家GodoxよりもFlashpointブランドのものが多く流通しており、今回もFlashpointブランドでの紹介です。ちなみにFlashpointはアメリカのカメラ機材の通販最大手のひとつAdoramaのものです。

驚いたのはサイズで、長さがAD200と比べても短くなっています。
全体的には筒状になっているので実際のサイズ感はAD200よりも大きく感じそうですが、おおよそ190mm X 96.5mm x 89mm(7.5インチx3.8インチx3.5インチ)ということで、かなりコンパクトに仕上がっている印象です。

ソフトボックスなどのマウント部分はAD400と同様のコンパクトな独自マウントで、おそらくこちらもアダプターでBowensのSマウントとなることが予想されます。
AD400の専用マウントのソフトボックスはまだ種類は少ないですが、マウント部分の直径がBowens Sマウントに比べてかなり小さくできているので、よりコンパクトに収納できるので、AD300の発売とともに種類が増えるかもしれません。

バッテリーはAD200と同様のものが搭載されているようで、また商品名が示すように300WSのフルパワーで1秒のリサイクル時間になるようです。
またモデリングライトはBiカラータイプのLEDライトが搭載されており、色温度が3000-6000Kで可変になるとのこと。

ただし現時点ではプロトタイプなので、最終的な仕様はまだ変わる可能性もあるとのこと。

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

1913年の東京を4k 60fpsのカラーでみる

Read More →