Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

スミソニアン博物館のデータがパブリックドメインに

By   /  2020/02/26  /  No Comments

    Print       Email

世界的にも有名なアメリカのスミソニアン博物館の280万点におよぶデータがパブリックドメインとして使用可能になりました。

新しく開設されたスミソニアン・オープンアクセス(Open Access)ページから、登録された画像やデータなどがクリエイティブ・コモンズ Zero (CC0)のパブリックドメインとして利用可能となっています。
通常の画像データに加えて、3dモデルデータも比率は少ないながら、2000点以上が用意されているのもユニークなところですね。

CC0というのはクリエイティブ・コモンズ・ジャパンのFAQのよれば

作品の制作者や所有者が作品に対してCC0を適用すれば、法的な意味において、その作品は彼らのものではなくなります。その作品は、方法・目的にかかわらず、誰もがどんな形であっても使用できる状態になります。商用利用も可能です。

となっています。

学術的な資料としてはもちろん、映像関係の素材としても魅力たっぷりのデータベースと言えるのではないでしょうか。

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

PhotoshopがAIフィルター搭載で大幅アップデート

Read More →