Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

タムロンとソニー 超高倍率ズームレンズのF値の変化は

By   /  2020/06/12  /  No Comments

    Print       Email

発売が開始されたTamron28-200mmと同じ超高倍率ズームレンズといえばSony FE 24-240mmがあります。比較すると…

焦点距離はSonyのレンズが広角24mm、望遠240mmとより広い撮影範囲をカバーしていますが、一方のタムロンはミラーレス用の超高倍率ズームとしては世界初の開放F値が2.8始まりと、明るい設計になっています。

レンズのサイズ比較は以下。

Tamron 28-200mm f/2.8-5.6 Di III RXD Sony FE 24-240mm f/3.5-6.3 OSS
全長 117mm 118.5
直径 74mm 80.8
重量 575g 780g
フィルター径 67mm 72mm

サイズ感はほぼ同等ですが、望遠で使う場合はソニーのレンズは240mmまで対応しているため、レンズ前部の飛び出しは大きく、重量も200gほど重くなっています。

焦点距離による開放F値の変化は以下。

Tamron 28-200mm f/2.8-5.6 Di III RXD Sony FE 24-240mm f/3.5-6.3 OSS
24mm F3.5
28mm F2.8 F4
35mm F3.2 F4
50mm F3.5 F4.5
70mm F4 F5.6
100mm F4.5 F5.6
135mm F5 F6.3
200mm F5.6 F6.3
240mm F6.3
Share
    Print       Email
  • Published: 2か月 ago on 2020/06/12
  • By:
  • Last Modified: 6月 13, 2020 @ 3:55 am
  • Filed Under: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

GoboをDIYで作るプロジェクト

Read More →