Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

フィルム・ノワール風写真の舞台裏

By   /  2013/01/29  /  No Comments

主にフォトグラファーとフォトショップを使うクリエイティブ・プロフェッショナルに向けたTipsを提供しているサイトPHLEARNによる、フィルム・ノワール調の撮影の舞台裏を紹介。

    Print       Email

FilmNoir_Graveyard_Phlearn_730フィルム・ノアール。フランス語だが、1940年代〜1950年代後期にかけて、主にアメリカで製作された犯罪映画を指すそうだ。光と陰のコントラストを強調した陰影が表現上の特徴だが、低予算のB級映画として作られたものが多いそうなので、独特の雰囲気の表現など、低予算面でも工夫次第で実現できることが多いのではないだろうか。

動画を見て頂くと分かるが、スモークマシーンが活躍しているのがわかる。これに被写体後方あたりからのジェルを付けた多灯フラッシュをリモートでコントロールしているシーンが多い。

撮影機材は、抜群のコストパフォーマンスとユーザーサーポートを誇るアメリカのPaul C Buff社のデジタル制御式のモノブロック・フラッシュEinsteinを中心に、パラボラリフレクターストリップボックスなども同社のものが使われているようだ。

動画のより詳しい内容はPHLEARNのサイトまで

Share
    Print       Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You might also like...

唯一無二のマクロが更に進化。Laowa 24mm PeriProbe

Read More →