Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

瞳AFの性能は。キヤノン、ニコン、ソニーの比較、2020版

By   /  2020/08/17  /  No Comments

    Print       Email

キヤノンEOS R5、ソニーa7RIV、ニコンZ7のミラーレスカメラ3機種での瞳AFの比較テスト2020年版です。

2019年に行われたそれぞれの最新ファームウェアで行われた瞳AFテストではテスト(キヤノンEOS R、ニコンZ6、ソニーa7III)ではソニーがリードしていた機能ですが、キヤノンEOS R5ソニーa7RIVニコンZ7の現時点での最新のファームウェアではどういう結果になったでしょうか。

結論から言うと3機種ともにかなり良い結果となっています。特にキヤノンとニコンがこの1年でファームウェアを進化させ、ソニーと遜色のない性能になっているようです。特にキヤノンEOS R5はデュアルピクセルAF2を搭載したことによって、場面によってはソニーa7RIVを上回るような状況もあるなど、その進化は目覚ましいものがあるようです。

動画ではビューファインダー内の瞳AFの動きをAtomosでキャプチャーしたものがみられますが、実際の撮影データがそれぞれダウンロード可能となっています。キヤノンソニーニコン。実データで確認してみてください。

Share
    Print       Email
  • Published: 2か月 ago on 2020/08/17
  • By:
  • Last Modified: 8月 17, 2020 @ 12:57 pm
  • Filed Under: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

PhotoshopがAIフィルター搭載で大幅アップデート

Read More →