Loading...
You are here:  Home  >  Movie  >  Current Article

スマートフォンやタブレットで使えるテレプロンプター

By   /  2013/03/21  /  1 Comment

ニュース番組で日本とアメリカの違いを最も感じるのは原稿の読み方です。
日本では時おり目線をカメラから外して手元の原稿用紙を読んでいる場合がありますが、アメリカのアナウンサーの多くは基本的にカメラ目線のままニュースを読み上げます。

    Print       Email

listec_prompterアメリカのアナウンサーの多くがなぜカメラ目線のまま、ニュースを読み上げることができるのでしょうか。それは彼らが原稿をかならずしも丸暗記している訳ではなく、カメラレンズの前にテレプロンプターという装置を装着して原稿を映し出すことができるからです。

マジックミラーの原理を応用して、レンズと同軸上に原稿を映し出す訳ですから、完璧なカメラ目線で話すことができます。アメリカの大統領などでも恐らく使っているのでしょうし、企業の広報などでも使われることが多いです。

このテレプロンプターでiPhoneやアンドロイドのスマートフォンで使えるものが登場しました。上記動画で紹介されているのはDOMKEやSteadiacamを傘下に置くTiffenグループのListec社のPW-04。標準価格は319ドルとなっています。 キーボード付きのワイヤレス・コントローラーが別売りのアクセサリーとして用意されており、物理キーボードによるタイピングや文字の速度などを調整できるようになっています(アクセサリーは現時点ではアンドロイド用のみ対応。119.95ドル)。

またiPadなどのタブレットで使えるシステムもありますので、より大きな画面で文字を表示させることも可能です。

テレプロンプターをAmazon.comでチェックする

Share
    Print       Email

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You might also like...

動画AIソフトVideo Enhance AIがM1対応+高速化

Read More →