Loading...
You are here:  Home  >  Movie  >  Current Article

一人称目線で撮ったアクション映画「 Hardcore」

By   /  2014/11/04  /  No Comments

    Print       Email

FPV(ファースト・パーソン・ビュー:1人称視点)のシューティングゲームにインスパイアされたような映画「Hardcore」の紹介です。

これは以前に同様の手法のミュージックビデオ「Bad Motherfucker」で話題になったイルヤ・ナイスラー(Ilya Naishuller)氏が監督をしており、既に撮影と編集はできているそうですが、サウンドやポストプロダクションでのクオリティーを上げるために資金調達サイトIndiegogoで資金を募集しているとのこと。

撮影は特製の頭に装着するリグに2台のGoProを装着して行っています。サンプルを見ると一目瞭然ですが、非常に臨場感があり、まるでワンカットで撮られたようなスピード感は圧巻です。そして基本的にすべて主人公の視点から撮られた初の映画となるとのこと。最終的な本編がどうなるのかは分かりませんが、主役の俳優は手足しか写らないのかもしれません。


hardcore-CameraRig2

以下では撮影シーンなどを見ることができます。

Share
    Print       Email
  • Published: 8年 ago on 2014/11/04
  • By:
  • Last Modified: 11月 4, 2014 @ 1:59 am
  • Filed Under: Movie, News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You might also like...

唯一無二のマクロが更に進化。Laowa 24mm PeriProbe

Read More →