Loading...
You are here:  Home  >  News  >  Current Article

噂:SonyのA7後継機とハイエンドA9が登場か

By   /  2014/11/20  /  No Comments

    Print       Email

SonyのEマウントのフルフレームカメラがA7の新機種(Rの後継機種と思われる)と新たにハイエンドモデルA9が登場との噂がでてきました。(※画像は想像図です)

fake_a9

後継機種は、今週にも発表されるとのことで、Sonyの噂サイトによるとほぼ間違いないとのこと。
これまでのソニーのミラーレスカメラで最も早いオートフォーカスを搭載し、また5軸の機械式手ブレ機能を搭載すると言われています。

そのほかのスペックは以下。

  • 24.3 MP フルサイズセンサー
  • 5軸スタビライザー
  • LCDモニター:3インチ 123万ドット 上方向107度、下方向41度の角度調整
  • EVF: 0.5インチ 236万ドット
  • ISO:100-25600 (拡張時 ISO50) ビデオISO200-25600
  • シャッタースピード:30〜1/8000秒
  • 連射機能:2.5フレーム / 秒  スピード優先時5フレーム / 秒
  • ビデオコーデック:XAVC S、AVCHD、MP4
  • バッテリー: NP-FW50
  • ボディーサイズ:126.9mm × 95.7mm × 59.7mm
  • 重量: 599g (バッテリー、メモリー含む)
  • 記録メディア:SD / SDHC / SDXC (UHS-I compatible)、Memory Stick PRO Duo / PRO-HG Duo / XC-HG Duo

現行A7シリーズに比べると新機種は、高さ、奥行きがやや大きく、これはグリップ形状の変更に伴うものではないかと推測されています。

またハイエンドの機種(A9?)は2015年前半に発売され、全く新しいセンサーが搭載されるとのことです。

5軸の手ブレ防止機能はオリンパスのOM-D E-M1に既に搭載されていますが、同様の物となるか、さらに進化したものになるか興味のあるところです。ソフトウェアとの組み合わせによっては将来的にはMoVIやステディーカムのような大掛かりなスタビライザーは必要がなくなっていくかもしれませんね。
以下はオリンパスの5軸スタビライザーの比較動画です。

なおこの噂の機種ですが、現行A7Rは先日、米Amazonが時限セールで通常より1000ドル安い値段の1400ドル(グリップその他付き)で販売していたことがあり、次期機種の登場の信憑性はかなり高いと思います。この価格の在庫はすぐに売り切れたため、ニュースにできませんでした。

A9ともいわれるカメラは新しいセンサーの噂もありますので、当然でてくるでしょうね。どういうスペックで出てくるか気になるところです。

Sony A7Rをアマゾンでチェックする

オリンパスOM-D E-M1をアマゾンでチェックする
————-

当サイトは噂サイトという訳ではありませんし、Sonyの回し者でも広告がらみでもないのですが、個人的に次期カメラをソニーにしようかと思っている関係で(今はニコンを使っています)、やや偏っているかもしれません。あしからずご了承ください。

Share
    Print       Email
  • Published: 8年 ago on 2014/11/20
  • By:
  • Last Modified: 11月 20, 2014 @ 3:26 am
  • Filed Under: News
  • Tagged With:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You might also like...

唯一無二のマクロが更に進化。Laowa 24mm PeriProbe

Read More →